歴史を体感する街道&峠ウォーキング 持統天皇が繰り返された行幸の謎 吉野古道と芋峠

奥明日香・栢森から吉野・宮滝へ 吉野行幸の謎を探る。

 「日本書紀」によると、持統天皇は斉明天皇が造営されたとある吉野宮に在位中(8年)に31 回(延べ二百十数日)も行幸をされました。 その行幸は明日香から芋峠を越えて、吉野川に出て、宮滝にあったとされる吉野宮に向かわれたものです。
 1日で行ける行程とは言え、吉野古道の山道を通り芋峠を越えて、季節を問わず、多い年は年5回も行幸されています。
吉野宮は亡き夫の天武天皇との思い出の地ではありましたが、なぜこれほどまでに吉野行幸を繰り返されたのでしょうか?
 今回は奥明日香・栢森から持統天皇が通ったとされる吉野古道を歩き、芋峠を越え、 上市に出て、吉野行幸を体感していただきます。その後、宮滝にある吉野歴史資料館 池田館長による吉野行幸の謎を解く講話をお聞きいただきます。
 昼食は柿の葉ずしの老舗「総本家平宗 吉野本店」にてお召し上がりいただきます。
 ウォーキングの際は日本ウォーキング協会公認指導員がご同行します。


◆ご旅行日
10月7日(土)

◆ご旅行代金
お一人様 11,500円
(行程内交通費、昼食代、入館料、講師料、保険料、消費税込)

◆募集人数
定員20名/最少催行人数12名

◆スケジュール
8:30 近鉄大和八木駅 出発===近鉄橿原神宮前駅===明日香村・栢森---芋峠---千股===12:00 総本家平宗 吉野本店(昼食)===吉野町歴史資料館(講話)===近鉄橿原神宮前駅===17:30ごろ 近鉄大和八木駅 解散予定

バス:山散歩交通

コース番号:B-1021
やまとびと大学 575単位取得
やまとびと大学「単位」とは?こちらをご覧ください


◆山道を歩きますので、履きなれた歩きやすい靴でご参加ください。
◆急ではありませんが、アップダウンのあるコースです。


ご注意

  • 当日の交通事情や天候などにより、行程を変更する場合がございますのでご了承ください。
  • 添乗員は同行いたしませんが、スタッフがご同行いたします。
  • 集合場所までの交通費は、旅行代金に含まれておりません。
  • 雨天時の備えや熱中症・防寒対策等は各自ご準備ください。
  • 最少催行人数に満たない場合や現地の天候によっては、やむなくツアーを中止する場合がございます。
  • ツアー日のおよそ10日前に催行の可否を決定いたします。
  • 掲載写真はすべてイメージです。

お申込先・参加希望の方はこちら


個人旅行や、家族旅行、グループ旅行、社員旅行など対応。お申し込み・お問い合わせはお電話にて承ります。

旅行企画・実施 やまとびとツアーズ
奈良県知事登録旅行業第2-194(一社)全国旅行業協会正会員
国内旅行業務取扱管理者 堀井史子
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく国内旅行行取扱管理者にご質問下さい。

電話:0744-55-2221

〒633-0112奈良県桜井市初瀬830番
FAX:0744-55-0480
営業時間10:00~17:00 定休日火・水曜日
※祝日、18日の場合は営業(その際定休日が前後する場合がございます。)
tours@yamatobito.net

ページ上部へ戻る